熊本(熊本市・菊池・植木)の注文住宅 | OCTASE(オクタス)


スタッフブログ
TOPページスタッフブログ
2017年12月のカレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ

最近のブログ

月別アーカイブ

2017年11月の記事一覧

2017年11月30日

S Diaries


11月ももう今日で終わりとなり、
 
 
明日から師走。
 
 
寒さもだんだんと厳しくなってきましたが、
 
 
毎日飲んでいるR?1乳酸菌のおかげ?
 
 
で風邪もひかず体調も良好。

 
 
今日の熊本は少し雨模様ですが年末まで
 
 
気張っていきます!


 
さて、本日は二級建築士の定期講習へ行ってきました。

 
 
11月30日ブログ-1.JPG

 
 
建築士定期講習とは、平成20年11月28日に
 
 
施行された改正建築士法により、建築士事務所に
 
 
所属する建築士に対して受講が義務付けられた講習です。
 
 
建築士の仕事は、建物を作るわけですから、
 
 
単に考えると、人の命にも関わる仕事です。
 
 
そう考えると責任重大で、しっかり必要となる能力を
 
 
身に備えて、新しい法に則った活動をすべきです。
 
 
ですから、3年度ごとに最新の建築関係法規等について
 
 
習得するという、そんな講習です。
 
 
私たちが主としている住宅だけに限らず、
 
 
大規模な建物なども絡めた法改正ですので
 
 
ある意味、久しぶりに様々な建築に触れた
 
 
良い機会となりました(^^♪
 
 
今回の改正は構造計算に纏わる話であったり、
 
 
我々建築士の決まり事がある建築士法の改正であったりと
 
 
様々ですが、住宅で盛んにでてるワードとして
 
 
「省エネ」についても規制措置がどんどん決まってるところを
 
 
みると省エネが当たり前になる時代だと改めて感じました。
 
 
省エネのみならず、ヒートアイランド現象(都市部が高温を示す現象)
 
 
11月30日ブログ-2.png
 
 
など地球温暖化などの社会問題を背景にした対策措置を
 
 
私たちも促進していけるよう努力しようと思います。
 
 
そしていよいよ!!
 
 
来年末から私も一級建築士取得に向けた勉強が始まります。
 
 
以前、所長の西田が一級建築士を独学一発合格しちゃいましたから
 
 
負けてられません!!(プレッシャー汗)
 
 
気合でいっちょ!頑張ります(^^)/
 
 
あと、明日から数日私用でお休み頂きます、

 

 

ブログも一時ストップしますが、来週からまたアップしていきます!

 

 

それではまた!

 

 

齋藤

2017年11月30日


こんにちは!工務の歌丸です!

 

 

 
最近SNS等で【シンデレラフィット】という言葉をよく目にしますね(^^)

 
シンデレラのガラスの靴のように、ぴったりと納まることを言います。

  

17113003.jpg

 

 
SNSでは収納関係の投稿がたくさん!
 

 

17113001.jpg

 

 

17113002.jpg

 

 

キッチンの引出しの写真は隙間がちょっともありませんね!

 

まさに神業!!!( ゚Д゚)

 

しかも100均の小物を駆使して出来ているそうですね・・・

 

ほんと神業!!!( ゚Д゚)

 

 

 

  

 

 
 

 

 

SNSにも負けないくらいのシンデレラフィットを、住宅現場バージョンでご紹介!!♪

 

(意味が違うのもありますが!笑)

 
まずはフローリング工事!

 
17113004.jpg

 
一見すると普通のフローリング工事なのですが。。。

 

1枚ずつ斜めに加工し貼っていく。
 
角度をきちんと測り加工していくことで隙間なくずれることなくフローリングができあがります!

 

 

 
次はオクタスでも人気のヘリンボーン(ギザギザのデザインです)

 
17113005.jpg

 

 

17113006.jpg

 

 

レンガを壁にはったり、床にはったりと様々!
 
考えながら施工しなければならないのですが、単調な作業の繰り返しのため

 

工事に立会っているとき、頭がこんがらがってしまいます・・・笑

 

  

 

こちらは少し見えにくいのですが。。。

 

17113007.jpg

 

 

小上がりのリビング側からも、ダイニング側からもちょうどいい高さのカウンターです!

 

そして奥には、階段の2段目がそのまま延びてTVボードに!!

 

設計の思い描いたプランを素敵に再現してくれる職人さんにいつも感謝です!

 

 

 
17113008.jpg

 

 
この寄棟(よせむね)にあわせた勾配の天井!

 

しかも板張り。。。この美しさはこの形状・素材があってのものですが
 
この形状にこの素材を張る職人技はまさに神業!

 

とっても根気のいる作業の様でした((+_+))

 

 

 

そして最後に!!

 

今回このブログを書こうと思ったきっかけ!

 
17113009.jpg

 

 
とってもマニアックな写真ですね・・・笑

 

何も考えずに施工するとこの部分、5mm程度の隙間があいてしまうのですが

 

それが何とも気持ち悪い!避けたい!!

 

大工さんにお願いをして加工してもらい、まさにシンデレラフィット!!♪

 

現場に行ったときに思わず『おぉぉぉ~~~!!!』と声をあげてしまいました(笑)

 

 

 
どんな大変な工事や根気のいる作業も、完成してしまえば何事もなかったかのように溶け込んでしまいます。

 

いつもお施主様へオクタスの家を届けるために奮闘してくれている現場の方々に感謝です!

 

そしてこれからもどんどん、お施主様の夢を形にしていきたいと思います!

 

 

2017年11月29日

S Diaries


年賀状の準備を進めてます
 
 
もうそんな時期ですね
 
 
一年あっという間です
 
 
11月28日ブログ-1.jpg
 
 
お家づくりも長いようで短く、
 
 
私たちにお家づくりをご依頼頂いてから
 
 
完成までおおよそ平均9ヶ月ほどかかります!
 
 
もちろん内容に応じてスケジュールは
 
 
大きく変化しますが、大体そんなものです。
 
 
そう考えると、お客様目線から見るに
 
 
家づくりを通じて約一年もご一緒するわけですから、
 
 
住宅会社たるものは、よほど信用信頼が
 
 
無ければいけない仕事だとつくづく思います。
 
 
建てたら終わりのようなやり方では
 
 
私もそこでは絶対建てたくありません。
 
 
私たちの仕事はただ家を建てることではなく、
 
 
家を建ててからが始まりとなり、
 
 
末長いお付き合いを頂きながら、
 
 
施主様が共にする家を通じて、
 
 
暮らしの脇役になることだと思っております。
 
 
前提に良いモノを創造することがあり、
 
 
そこはいつもお施主様と愉しみながら
 
 
共に出来てるのではないかと感じています(^^)
 
 
先日もU様邸プラン打ち合わせをさせて頂きました!
 
 
とても暖かいご家族で笑い声の絶えない
 
 
打ち合わせをいつもさせて頂き、
 
 
私自身も愉しく参加しております♪
 
 
プラン図、模型、パース等でイメージをお伝えし、
 
 
ワクワクドキドキを感じて頂けたのではと思っています(^^)
 
 
折角なので皆様にもチラッとイメージパースを
 
 
11月28日ブログ-2.jpg
 
 
開放的空間とプライバシー確保は当然とし、
 
 
自然との繋がりや、街並みに調和するため、
 
 
好みである現代的でありつつも、
 
 
抑制のきいた雰囲気ある表情を
 
 
生み出せたのではないかと感じています(^^)
 
 
さて、今日はこのくらいにして、またの機会で
 
 
簡単にお家のご紹介をさせて頂きます!
 
 
それでは皆様、愉しい家づくりをしましょう(^ ^)
 
 
齋藤

2017年11月27日

S Diaries


11/25、26で最後の刈草S様邸見学会終了致しました。
 
 
たくさんのご来場ありがとうございました(^^)
 
 
11月27日ブログ-1.jpg

 

 

まずは、ご協力頂いたお施主様、スケジュール調整して頂いた

 

 

現場の職人さんたち、誠にありがとうございました!!
 
 
今回の見学会では、外(風や光など自然)との繋がり方や
 
 
6人家族による生活や家事の機能的動線の在り方、
 
 
一生付き合っていくための壁や床など素材のポイントと、
 
 
見どころたくさんでご来場頂いた方々から「なるほどっ!」
 
 
といって頂く声を数多く頂戴しました。
 
 
11月27日ブログ-2.jpg

 

 

これから楽しく、夢ある家づくりを行っていく方々の参考に、
 
 
少しでも力添えできたのではないかと嬉しく思っております(^^)
 
 
ただ家づくりにおいては間取りだけのみならず資金についてや
 
 
性能のこと、暮らしの後のことなど多くの知識が必要です!
 
 
なにかご不安に思われてる方や興味がある方は是非ご相談下さい(^^)
 
 
そしていよいよこのS様邸もお引渡しへと向かうわけですが、
 
 
早速、最終的なお家の検査を行いました!
 
 
社内検査、施主検査と称して社内検査では、弊社数名の
 
 
スタッフの客観的な目線で傷やへこみ等の有無確認や、動作確認、
 
 
図面通りの施工になっているのか、など一式確認をおこないます。
 
 
11月27日ブログ-3.jpg

 

 

写真は施工写真を撮らせて頂けるとのことで、

 

 

社内検査と並行して行ったその準備の風景です(笑)

 

 

施主検査では、施主様へ社内検査ででてきた項目の報告と+@がないか、
 
 
施主様目線で家中をご確認いただき、隈無くチャックします。
 
 
細部までしっかり情報共有することは、今後一生お付き合いさせて頂く
 
 
関係性を築くためでもあり、そのためにアフターフォローに対する
 
 
システム構築にこれからも我々は努めて参ります。
 
 
笑顔でお引渡しができて、そして、お施主様が暮らしの中で
 
 
更なる幸せになることを願って、日々邁進してまいります!
 
 
それではS様、お引渡しまでもうしばらくお待ちください(^^♪
 
 
齋藤

2017年11月26日

S Diaries


週末は以前お世話になりました、2件のお施主様の
 
 
お家へアフターフォローに行って参りました(^^)
 
 

1件目のお家でご相談頂いた内容は、キッチンの水が
 
 
どうも嫌な匂いがすると...
 
 

以前からご相談頂いており、様々な方法で調査や対策、
 
 
施工を行なってきましたが、これだっ!
 
 
と言える原因が見出せず、困っておりました。
 
 
最終的にはキッチンの蛇口まるごと変えていま様子を見て頂いている
 
 
状況ですが、現段階では問題なさそうだと聴き、
 
 
ひとまず安心致しました。
 
 
11月26日ブログ-1.jpg

 

 

Y様、こうなるまで長らくお待たせして大変申し訳ございませんでした。
 
 
そして何度もご協力してくれた協力業者の方にも深く感謝申し上げます!
 
 
ありがとうございました!またいくつか宿題も持ち帰らせてもらいましたので、
 
 
しっかり対応させて頂きますね(^^)
 
 

11月26日ブログ-2.jpg

 

 

2件目のお宅は、またまた設備絡みなのですが、洗面器の水が出ない!
 
 
という問題(°▽°)
 
 

海外メーカーのかっこいい水栓を使用していたもので、メーカー調査等行い、
 
 
水栓の中に入っているカートリッジを交換する必要があると判明。
 
 
それが99%だ!とのことで早速、西田とともに交換に行ってきました!
 
 
今回西田が首を寝違え思うように動かんといった状況でしたので(笑)、
 
 
私が施工しました(^^)結果、問題なく復活しまして、これまた一安心。
 
 

しかしながら、水問題は困りますよね。ライフラインですから。
 
 

すぐ解決できることであれば即対応できるよう努めますので、
 
 
もしお困りのお施主様がいらっしゃればご連絡下さい(^^)
 
 

この週末は、久しぶりにお施主様にもお会いでき、懐かしい話も弾み、
 
 
楽しく過ごさせて頂き、且つ、良き経験をさせてもらったと、
 
 
次またこのような問題があったときに役立つことも沢山あり、
 
 
私たちの新たな学びとなりました(^^)
 
 

これからも末長いお付き合い、よろしくお願い致します(^^)♪
 
 

ありがとうございました!
 
 

齋藤

2017年11月25日

S Diaries


11月も残りわずかとなり、夜の街は一層年末を思わせる雰囲気を漂わせる中、
 
 
昨日は私たちの会社の忘年会を菊池で執り行いました。
 
 
171125-1.jpg
 
 
ご多忙にもかかわらず、これだけ多く方々にご参加頂き、
 
 
私たち含め緒方建設と協力業者の方々のご縁に感謝しつつ、
 
 
熊本地震からの復興と年度末に向け慌ただしくなる現場を
 
 
一致団結して乗り越えていこうという想いと絆を感じた、
 
 
そんな素晴らしい会になったのではないかと思います。
 
 
私たちの会長、社長より一年を振り返り、安全についての話がありました。
 
 
緒方建設本社では公共土木工事を主に取り組んでおりますが、
 
 
住宅事業である私たちも常々「安全第一」であるように指導されております。
 
 
今年はいくつか小さい事故が目立ち、大事に至ることはなかったものの、
 
 
緊急招集して安全対策としての会を行い、より具体的な改善策が成されてきました。
 
 
事故のほとんどがヒューマンエラーであり、問題に対する対策施行に留まらず、
 
 
やはり働き手の一人ひとりの意識改革を会社側から発信する意思を強く感じています。
 
 
住宅事業においても例外なく取り組むべき事項であり、これは「三方良し」につながる
 
 
大事なことだと思っています。
 
 
私たちの仕事は専門的な技術である故に人命にも関わる危険性を併せ持ちます。
 
 
万が一事故が起きてしまうと最悪は働き手の命やその大切な人の悲しみ、
 
 
会社としての被害、住まれる施主様の感情など...甚大な被害が予想されます。
 
 
我々技術者がどんなに汗水流して創った家でも
 
 
もし事故があればすべてをパーにしてしまう。
 
 
そんなことにならないように、これからもより一層「安全第一」を現場のモットーとし、
 
 
皆の意見を取り入れつつ働きやすい環境をつくっていこうと思っております。
 
 
協力業者の皆様、本当にありがとうございました。
 
 
そしてこれからもまた、宜しくお願い致します。
 
 
齋藤

2017年11月24日

S Diaries


時系列的におかしくなりましたが、この度私、齋藤は
 
 
ブログカテゴリーに「S Diaries」を追加し、日々の学びを記していこうと思います!
 
 
時には備忘録として、時にはお知らせとして
 
 
建築の仕事を通して見える日々の暮らしをブログとして表現していきます^^
 
 
私がこうしてブログを書こうと思ったきっかけは
 
 
現在受講している職人起業塾という研修があり、塾長である
 
 
すみれ建築工房 代表取締役 高橋 剛志 氏の学びから始まります。
 
 
「理解や知識を持つことに一切の価値無し」と説くこの研修では
 
 
行動、実践、定着に重きをおき、物事を本質的にとらえる訓練をしていきます。
 
 
高橋社長も10年以上ブログをかくなど、その他多くの習慣を持ち、
 
 
習慣化することの大切さを学びました。
 
 
自分自身をさらにブラッシュアップするには、日々の暮らしの中で得た学びを
 
 
実務に落とし込むことが必要で、なんの変哲もない日を暮らすのではなく
 
 
事例を概念化し、習慣に落とし込む作業が大切だと思っています。
 
 
その為に、毎日アンテナを高く広く巡らせ、その習慣を持つのに有効なのは
 
 
毎日のアウトプットだと学びました。
 
 
アウトプットの場をつくる、それが今回のブログとなったわけです。
 
 
日々の出来事を書き留め、反復を行い、自分の中で咀嚼してその物事に向き合うこと、
 
 
隠されているメタファー(明確な例えと不明確な例え)に意識を向けてみること(概念化)で
 
 
見えてくるものが大きく変わることを期待します。
 
 
なので目標は、毎日ブログ or 日記を書くことです。
 
 
時にはうまくいかないときもあるかもしれませんが、
 
 
皆さま、暖かい目で見て頂ければ幸いです!
 
 
よければ、たまにはのぞいてみてください(^^)
 
 
11月24日ブログ-1.jpg

 

 

齋藤

2017年11月23日

S Diaries


今日は夜明け前に行動開始。 

 
 
まだ暗い中、我が家の愛犬あずきの散歩へ行きました! 
 
 
今日の帰りが遅くなり夜の散歩が行けないことを想定して 
 
 
変わりに朝から散歩となり申し訳ないと思いつつ、一緒に散歩兼ランニングしました 
 
 
その後新幹線までの時間があったので朝食や読書など 
 
 
有意義な朝を過ごしていると気付けば出発の時間! 
 
 
駅まですっとばし、福岡博多へやって参りました 
 
 
今日は楽しみにしていた職人起業塾第8講 
 
 
アクティブブレインセミナー小田全宏氏による講演でした。 
 
 
171124-1.jpg

 

 

氏は松下政経塾を経て人間学の研究、「日本人の心とは何か」と問い、 
 
 
人間教育を行なっておられます。 
 
 
そしてその一環として脳力開発のためのアクティブブレインセミナーがあり、 
 
 
記憶力を飛躍的に向上させます。 
 
 
単語を160個覚えたり、数字と言葉をランダムに覚えたりと 
 
 
「絶対無理じゃないか?」と思えるこの講習ですが、 
 
 
自分の可能性を信じ、そして広げていく。 
 
 
そんなセミナーです。 
 
 
そしてやればできる! 
 
 
記憶力向上の背景にはやはり、「人としての在り方」が存在し、 
 
 
それを今回は「人生を成功に導く20の法則」として 
 
 
記憶法を用い私の脳へインプットしました。 

 
 
171124-2.jpg

 

 

今回ような素晴らしいセミナーを通じて学ぶ「人としての在り方」は、 
 
 
言葉こそ違えど職人起業塾で学ぶマーケティング論と同じで、 
 
 
また変わった切り口で学び、私の中で腑に落ちているように感じています。 
 
 
これから毎朝、「人生を成功に導く20の法則」を反復し、 
 
 
日々の暮らしの中で自分の行いと照らし合わせ、自分なりに評し、 
 
 
色濃い人生へとしていこうと思った、そんな素晴らしい日でした。 
 
 
本日もありがとうございました。 
 
 
齋藤

2017年11月22日

S Diaries


私たちOCTASEは、建築という仕事を通して携わるお客様に

 

 

安全で安心できる、そして健康な住まいを提供しつつ、

 

 

建築という仕事ならではの街を形成していくことができる仕事として、

 

 

地域活性に繋がるような想いで仕事を行っております。

 

 

熊本の住宅市場においては、大規模なハウスメーカーのみならず

 

 

地場で多大な展開をされている住宅会社、工務店が多くあり、

 

 

お客様からの目線では住宅会社の選択が難しいことだろうと感じております。

 

 

そんな激動の中で奇跡的なご縁により私たちOCTASEを選択して頂き、

 

 

お家づくりを共にしたお客様や現在進行しているお客様、

 

 

見学会など何らかの形でご縁のあるお客様には改めて感謝しなければ

 

 

いけないと思いつつ、私たちが住宅会社としてあり続けるために

 

 

「ホンモノを提供する」という意思で取り組んでいます。

 

 

家は売るのではなく、「つくる」ものとして、仮設ではなく原理原則に従い、

 

 

当たり前のことを当たり前に行い、当たり前の結果を出すこと。

 

 

より強固にするためにも毎週ミーティングを行い、スタッフそれぞれが

 

 

自分たちの在り方を見つめ、ミッションを掲げる。

 

 

それを継続した行動にして今以上の効果をもたらすよう努力しております。

 

 

そんな想いの傍ら、現実は実にシビアで資金に左右されるのは当たり前。

 

 

もちろん、良いものをより安価に提供できればなによりなのですが...

 

 

適正価格で皆の幸せに繋がるような結果でなれけばなりません。

 

 

ただ単に安くしようと思えばいくらでもできるのですが、

 

 

私たちが考えるボーダーラインがあり、ここを超えてしまうくらいであれば

 

 

建てないほうが良いと思っています。

 

 

このボーダーラインは世に出回っている商材の価値のバランスであったり、

 

 

建築基準法+@のことであったり、常に建築産業にアンテナをはり得た知識など

 

 

今までの経験や学びから生まれたもので、他社とは違うことでしょう。

 

 

図面だけでは表現し難いこともたくさんあり、それにはOCTASEの考えを理解した

 

 

現場管理や技術者、協力業者のいままでの構築があってのことです。

 

 

それが私たちOCTASEの考える家づくりの一部であり、ご理解、共感、信用信頼の上で

 

 

人生に何度ともない家づくりを愉しむことができるだろうと考えます。

 

 

常にもし自分が建てるのであれば...と自問自答し、資金と性能、意匠を考え、

 

 

私たちが携わる人々がより多くの満足を得られるようリスクを洗い出し

 

 

阻止する取り組みを行っていこうと思っております。

 

 

学びのある日々に感謝です♪

 

 

齋藤

2017年11月21日


こんにちは!正代です!

 


先日照明メーカー様主催の照明セミナーへ行ってまいりました!
 

  
照明デザインの基礎中のキソというテーマを基に、
 

 
ダウンライトの配置計画や、間接照明について勉強させていただきました!

 

 

 

 
ダウンライトとは天井に埋め込んで取り付ける小型の照明器具です

 

 

天井に埋め込んで設置をするため、天井面がフラットになることで見た目がすっきりと見えます。

 

 

OCTASEでもベースの計画ではダウンライトを中心に照明計画をしております♪

 

 

家族がくつろぐ空間であるLDKや居室の適正な明るさの目安があり、

 

 

光の広がりを想定した1畳あたりの部屋の明るさについてや照明の配置検討方法など

 

明るさの計算方法などのお話しがありました。

 

  

「昼白色 電球色 温白色」の画像検索結果

 

 

照明にも色の種類がありますよね

 

 

住宅によく使われるのは昼白、昼光、温白、電球色がありますが

 

 

見た通り色の違いがあり、それぞれの見え方の印象が違います(^^)

 

 

昼白色 / 太陽の光に近い色光で作業性のよい爽やかな光

 

 

温白色 / 昼白色よりはやや自然な色合いで電球色よりはやや明るい最近でた色光で、

 

     電球色と昼白色の中間に位置する色になります。

 

電球色 / オレンジ色系の光をしていて暖かみを感じる色合い

 

     部屋に取り付けたときに、穏やかな雰囲気が広がります。

 

 

現在は落ち着いた印象になる電球色をおすすめすることが多いですね(*^^*)♪

 

 

シーン別に調光・調色できるダウンライトなど機能がついているものもあります!

 

 

 

 

 

 

今回は照明キソについて学ばさせていただきました!

 

照明ひとつでも奥が深い・・・また学びたいことが増えました(^^)

 

 

また、照明計画ではスイッチやコンセントの配置計画も大事です!

 

 

いずれブログに書きたいと思います!

 

 

学んだ事を実際の照明計画の際にも活かして

 

 

より心地よい、より住みやすい照明計画がご提案できるよう

 

 

日々精進ですね(^^)

 

  

がんばります!それではまた!

 

2017年11月17日


こんにちは!昨日はO様邸の上棟式に参加させていただきました!

 

 73511.jpg

 

O様、豚汁・お弁当ごちそうさまでした!

 

73505.jpg

 

寒くなってきたので温かい豚汁とても美味しかったです(^^)

ありがとうございました‼

  

そして、形ができて完成に近づいているお家を見てはしゃぐお子さん、完成についてお話されるご家族の姿を見てほっこりしました(^^)

 

私もどんなお家が出来るのか、図面、模型などその他は想像しかできないので完成が楽しみです!

 

今回、初めての上棟式への参加でしたので、家づくりの中で行われる行事それぞれにどの様な意味が込められているのか調べてみました‼

 

地鎮祭:一つ目、家を建てるための土地を購入したとき、その土地に住む神様を祝い鎮め、土地を利用させてもらう許可を得ること。

二つ目、これからの工事の安全と家の繁栄を祈願すること。

 

上棟式:建物の守護神と匠の神を祀って、棟上げまで工事が終了したことに感謝し、無事、建物が完成することを祈願する儀式。

 

地鎮祭は江戸時代後半から、上棟式は平安時代初期から行なわれてたそうです。

 

現在では「儀式」というよりも施主が職人さんをもてなす「お祝い」の意味が強くなっており、「地鎮祭」や「上棟式」を略式でされる方が多くなっています。 

 

私は、上棟式はお祝いだと思っておりました。(-_-;)

 

神様へ安全祈願、感謝、すごく大事なことですね。

 

昔からある儀式なので、この意味を忘れず、大切に続けていきたいと思います!

 

大城

2017年11月10日


本日職人起業塾の第7回目の講座を受講して来ました(^^)毎回ホントに勉強になります。

 

今回の講習は[リスクマネジメントと日本式マーケティング理論]でした!

 

リスクマネジメントについてはお客様には関係ないようですが、実は大事な要素だと思います!

 

住宅会社やリフォーム会社の方と揉めようと思って家づくりされる方はいないと思います。

 

住宅会社やリフォーム会社ももちろん同じ気持ちです。

 
今回はお客様側にとってのリスクを考えました。

 
11人で考えて沢山出ました。

 

・思い通りの間取りや品質にならない

・アフターフォローをしてくれるのか

・実物がない

・一度建てるとやり直しが出来ない

・融資の支払いができるか

・担当者が辞める可能性がある

・定価がないのでわかりにくい

・会社の情報が見えにくい

・倒産するかもしれない

・専門知識なので知識があるかどうかわからない

・変な職人が来ないか(特にリフォーム)

・個人情報がいっぱいなので不安

・近隣に変な人がいないか

...etc

こうして考えるとお客様のリスクは沢山あります。

 
私たちは全部に対して答を持っているか。

お客様に対してしっかり説明が出来ているか。改めて考えました。

 
出来ている事、出来ていない事、出来たり出来なかったりの事。

 
整理してお客様目線で誠実に対応が出来るようにしていかなければ、行けないと感じました。

 
これは私だけの行動では変わらないので、スタッフ一丸となり実践出来るようにまずは共有します!

 
お客様のリスクを減らす努力をすれば、お客様のリスクも低減でき、住宅会社のリスクも低減でき、WIN_WINの関係が築きやすくなります!

 
でも私たちが目指すのはWIN_WINではいけません!

 
それは日本で以前からあるビジネスの在り方[三方よし]

 

日本式マーケティングについてはこの[三方よし]の考え方と上杉鷹山や二宮金次郎などの話が中心の勉強でした。

 
三方よしにするためにはどうすればいいのか。実行できるアクションプランは何なのか。どう実行して習慣にしていくのか。考える事は山のごとし(^^)

 

また上杉鷹山については恥ずかしい話、全く知りませんでした。

 

ジョン・エフ・ケネディーが尊敬していた人物のようです。

 

逆境のなか縮小していく米沢藩をその当日の江戸幕府の考え方と逆のやり方で建て直して行きました。

 

それは現在のビジネスにも通じるものばかりです。

 
7つの習慣を書いたコビー博士の言葉を借りるなら[個性主義]ではなく[人格主義]のように感じました。

 
欧米式のビジネスも優れているかと思いますが、日本の【義】を重んじたビジネスは人を幸せにする要因が多くあると思います。

 

利益ばかりに目をやらず、自分たちがどうすればお客様や世間のためになり、適切な利益で継続可能が事業を展開を考えていきたいと思います!

 

職人起業塾では本当にたくさんのことが学べます。

 

しかし、学ぶだけでは意味がない事も学べます。

 

少しだけマーケティングの輪郭を理解してきたように思いますが、まだまだ奥が深い世界です。

 

時代の変化を追越すくらいの感覚が必要であろうと感じてます。

 

とにかく!

 

頑張ってやっていきます(^^ゞ

 

まとまらないですが、今日はこのへんで終わります。

1711111.jpg

明日からも見学会行いますのでまだ参加されてない方はぜひ

お電話(096-384-9628)もしくは→コチラ←からお問合せください(^^)

 

 

 

西田

2017年11月 7日


第5、6講職人起業塾にて

 

 

1711102-1.jpg

 

 

今回は、接点強化をしようということで接遇について学びを得ました。

 

 

いわゆるサービスの向上ということですが、普段から何気なくやっていることや

 

 

知っていることを改めて接遇プロの違った切り口から話を聴いたことで

 

 

改めて接遇の重要性や自分自身の間違いに気付き、腹に落ちた、とても身になる講義でした。

 

 

今回のセミナーで聴かせて貰った「接遇」とは、

 

 

相手に敬意を持ってもてなす表現のこと。

 

 

・基本的人権を守り合い

 

 

・迅速な仕事の目的達成

 

 

・危機管理のため     に必要なもの。

 

 

仕事にかかわらず日常において必要なことで自分を見つめなおす良い機会となりました。

 

 

171102-2.JPG

 

 

現在「真実の瞬間」という本を読んでいます。

 

 

171102-4.jpg

 

 

この本は、スカンジナビア航空の最高経営責任者ヤン・カールソン氏による執筆で、

 

 

最初の15秒で決まる「真実の瞬間」について記されております。

 

 

サービススタッフが航空機を利用する顧客と実際に直接関わる時間はたったの15秒。

 

 

この15秒がヤン・カールソン氏が提示した真実の瞬間。

 

 

つまり、一見航空機を利用する顧客はフライト時間の間ずっと消費体験をしていると思われますが、

 

 

実際の顧客満足度を左右するのは直接スタッフと

 

 

向き合っている15秒に集約されるという考え方です。

 

 

つまり、真実の瞬間とはこの15秒間でいかに顧客満足を高められるか、というもの。

 

 

そのためにスタッフを適正に訓練し、顧客のニーズに迅速に、親切に対応する権限を与える。

 

 

そこには今回学んだ接遇がとても重要なスキルであることがわかります。

 

 

真実の瞬間に自分を生かすために専門知識や技術・技量

 

 

そして接遇・表現力をさらに磨いていくこと

 

 

それらを細分化し自らの習慣に取り入れることこそ、いまの私に必要なことだと感じました。

 

 

このセミナーを経て、手始めに自分への課題は

 

 

「立ち姿をきれいにする」 「聴く力」   とし、

 

 

日常的に意識し、自然と身に付くよう邁進しようと思います。

 

 

素晴らしいセミナー、ありがとうございました!

 

 

そして、このような貴重な時間をつくって頂いた会社、スタッフのみんな、お客様、全ての人へ

 

 

改めて感謝したいと思います。ありがとうございました。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

☆見学会のお知らせ☆

  

171027_bana.jpg

 

接遇の真価が問われるときですね(笑)

 

是非お越しください(^^♪

 

齋藤

2017年11月 2日


こんにちは!もう11月に入り、今年も残す所2ヵ月となりました。

 

最近だんだんと寒さが増してきたように感じます。

 

特に、昨日の朝は寒かったので私は薄手のコートを羽織って会社に行きました(>_<)

 

しかしまだお昼は日差しもあるせいかぽかぽかと暖かく、

 

更に日中の車の中は、暑くて冷房をいれた程です。

 

寒暖の差が凄すぎます!!|д゚)

 

体調を崩しやすい時期となりましたので、

 

皆さま、風邪など引かれません様、お身体ご自愛ください(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

さて、ブログに移ります!

 

先日S様邸 完了検査を受け無事合格致しました!

 

 

 

お家を建てる際には、色々な法律の規制を守って建てる必要があるのですが、

 

 

まず、着工前に検査機関や役所へ建築確認申請をして、

 

図面上法令を守った建物計画かどうか確認を受けます。

 

 

 

その後竣工した際には建物の使用を開始する前に、完了検査を受け、
 

実際に竣工したお家が申請通りに施工がなされているのかを検査します。

 

通路幅や階段の段の高さや幅、また換気設備はきちんと施工されているのかなど、
 

検査員の方に来て頂き、チェックして頂きます(^^)

 

 

 

もちろん合格するのは当たり前の事なのですが、

 

私自身、今回初めての完了検査立ち合させて頂き少し緊張してしまいました。

 

またひとついい経験をさせて頂きました(*^^*)

  

  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

また、S様邸で使われている仕様について

 

アクセントクロスを一部ご紹介したいと思います♪

101205_20160511R01.jpg

PA202866.JPG

(写真は照明がついていないので少し暗くて見ずらいですが(;´・ω・))

 


↑こちらは、ぞうさん柄のクロスです。

 
かわいいのに、かわい過ぎず、シンプル過ぎず!!

 

(この表現でうまく伝わりますでしょうか(>_<)笑)
 

とにかくとてもいい感じです!
 

 

 

PA202873.JPG

 

こちらはコテバケ仕上げの塗り壁調のクロス

 

グレーの濃淡があり、柔らかさもあるモダンな印象になっています。

 

 

 

アクセントクロスはお家の雰囲気やお施主様の個性やを表現できる

 

ポイントのひとつです(*^^*)

  

来場の際は、ぜひこのアクセントクロスがどこに使われているかも探して見てください

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 オクタスの完成見学会開催

 

S様邸お引渡し前の約1ヵ月間、完成見学会をさせて頂きます。

  

11/4(土)より開催です!もう今週末からですね!

 
本日配布されている、すぱいすにも見学会告知が掲載されております。
 

 

 

OCTASEの家づくりを体感してみませんか?(*^^*)

 

 

 御予約はコチラをCHECK!!

 

※駐車場などに限りがあり、完全予約制のご案内となります

  

お気軽にお問合せください♪

 

 

 

 

正代

 

 

 

 


お電話でのお問い合わせ 096-384-9628
勉強会のご予約
資料請求
勉強会のご予約 資料請求
Owner's Voice OCTASE CREED 住まいたち Movie
お電話でのお問い合わせ 096-384-9628
住宅の提案人集団 OCTASE
オクタスに「営業職」はありません。
私達は家づくりのスタート地点から、真剣にお客様に寄り添う「提案人」集団。
すべての過程において最適なご提案をさせていただきます。
家づくりで後悔をする人がいなくなる為に…。