熊本(熊本市・菊池・植木)の注文住宅 | OCTASE(オクタス)


スタッフブログ
TOPページスタッフブログ
2018年3月のカレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

最近のブログ

月別アーカイブ

2018年3月12日

カテゴリ


S Diaries-期限をくぎること-

-春うらら♪-

 

 

平成三十年三月十一日。天気は快晴。

 

 

今週初めは雨が降っては晴れて・・・を繰り返してましたが、

本日は気持ちいいくらいの快晴でお出掛け日和に相応しい一日となったのではないでしょうか。

 

 

暖かい気候となるとうきうきしますねっ!

 

 

H30年3月12日ブログ-1.jpg

 

 

-むやくたの法則-

 

 

そんな春うららな週末は、お客様との打ち合わせや締切間近の切羽詰まるプラン作成に追い込みをかける激動の週末でございました。

 

 

適度?(過度かもしれない)な負荷を確かに感じながらこれは修行である。

と自分に言い聞かせつつも、難題は分解し、ひとつひとつクリアにしていきたいと思います。

 

 

起業塾流だと「むやくたの法則」。

 

 

これは"挨拶"という漢字の覚え方ですが、もっと難しい"薔薇"という漢字のようなものでも、分解してひとつひとつ丁寧にイメージング、理解すれば難しいことなどないとの学びを思い出しました。

 

 

-期限をくぎる-

 

 

お客様との打ち合わせでスケジュールのお話をしたり、それこそ追い詰められてプランを作成している最中思ったのは、期限をくぎることの重要性です。

 

 

私達は家づくりの打ち合わせにおいて、心底深いところまで検討し、お家のあらゆるところに意味を見出します。

 

 

そしてそれをお客様と共有、理解を深めながら結果として「モノづくりの楽しさを共有」していくわけですが、深く考えれば考えるほど時間はかかります。

 

 

当然一生に一度かも知れない家づくりだからこそ時間はかけるべきですが、夢や理想を実現するための期限をくぎることで曖昧で混沌とゆらいでいるだけのものに方向性と時間性が生まれ、可視化され、そこに流れが生まれるのだと思っています。

 

 

-期限をくぎることで繋がるもの-

 

 

プランの作成も然り。具体的な目的を見出し、そこに向け目標を設定することで、時間軸上にゴールまでのステップが生じます。するとその道がイメージ化され、歩み出すことができると思うのです。

 

 

期限をくぎることは、結果として三方よしにも繋がります。

 

 

建築業は決して一人で仕事はできません。お客様がいて、我々がいて、協力業者さんがいて初めて成り立ちます。

 

 

皆が同じ目的を共有し、同じ時間軸の上を歩みつつ、スケジュールという"決まり事"に拘束されることで、厳しくも自分自身を奮い立たせることができ、皆がセルフリーダーシップをもって、引っ張っていくことができるのだと思います。

 

 

と、そんなことを考えながら過ごした週末でした。

 

 

全ての物事には意味があり、"なぜ"を追求し、真の理解の得たときに行動は変わると思っています。これからも"なぜ"を追求し続け、私たちの仕事、業界の一つの糧にできるよう邁進してまいります。

 

 

本日も私の拙いブログを最後まで見て頂き、有難う御座いました。

 

 

それではまた明日。

 

 

齋藤

 

 

今日の"建築を楽しむために"

 

 

・困ったとき、無理難題に出くわした時はむやくたの法則。

 

・期限をくぎることで、具体的な目標ができる。

 

・期限をくぎることで、イメージ力が身に付く。

 

・期限をくぎることで、方向性と時間性が生まれる。

 

・期限をくぎることで、自分自身の活力を生み出す。

 


お電話でのお問い合わせ 096-384-9628
勉強会のご予約
資料請求
勉強会のご予約 資料請求
Owner's Voice OCTASE CREED 住まいたち Movie
お電話でのお問い合わせ 096-384-9628
住宅の提案人集団 OCTASE
オクタスに「営業職」はありません。
私達は家づくりのスタート地点から、真剣にお客様に寄り添う「提案人」集団。
すべての過程において最適なご提案をさせていただきます。
家づくりで後悔をする人がいなくなる為に…。