熊本(熊本市・菊池・植木)の注文住宅 | OCTASE(オクタス)


スタッフブログ
TOPページスタッフブログ
2018年7月のカレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ

最近のブログ

月別アーカイブ

2018年2月10日

S Diaries


-春を感じる季節-

 
平成三十年二月九日。天気晴れ。朝は少し曇
 
っていましたが、あっという間に晴れ間がみ
 
えはじめ、立春に相応しい春の気配を感じる
 
とても過ごしやすい日でした。
 
H30年2月10日ブログ-1.jpg
 
 
-外回り業務-
 
そんな二月、私たちの会社では定期点検月と
 
いうことで、早速ご予約頂いたお宅へアフタ
 
ーフォロー&点検と、これから着工する現場
 
へ地縄張りなどのために熊本の北から南まで
 
走り回って作業を行ってきました。
 
H30年2月10日ブログ-2.jpg
 
 
-楽しいひととき-
 
点検の結果、問題は特になし。クロスの隙間
 
など簡単に処理できることをせっせと処理し
 
あとは、久しぶりにあったオーナー様方と他
 
愛ない話で弾み、「社会貢献と思ってお仕事
 
下さい笑」みたいなジョークも交えながら楽
 
しく濃厚な時間を過ごさせて頂きました。私
 
も話してばっかりでなく、しっかり作業させ
 
て頂きましたよ(笑)
 
H30年2月10日ブログ-3.jpg

 
 
-専門職だからこその信用信頼-
 
そんな中ふと思ったのが、信用と信頼につい
 
て。家や車など自分の資産になるものは定期
 
的なメンテナンスが必要でお金がかかるもの
 
です。私は自家用車を友人の技能士にいつも
 
任せきりで、信頼している友人だからこそ、
 
値が張ろうが「こいつが言うなら間違いない
 
し、しないとまずいんだろう」と思い、疑う
 
ことなくお金を払い作業をしてもらいます。
 
車も家も専門的な知識が必要なだけに、見積

 

等内容がいまいちわからず、加えてそこに、
 
もし不信感があれば自分で思わず調べてみる
 
でしょうし、疑いたくなる気持ちは当然ある
 
ことでしょう。専門的な私たちだからこそ、
 
信用信頼をベースに真心を込めた誠実な生き
 
方をしつつ、"友人みたいに"とまでは言え
 
ませんが、そのぐらい信用していただけるよ
 
うな関係を築けるように、私たち側から努力
 
していくことが必要だと改めて感じました。
 
H30年2月10日ブログ-4.jpg
 
 
-ご縁と感謝-
 
外回りを終え帰社してからは、協力業者様か
 
らのご紹介で面接にお越し頂いた方と少しお
 
話しさせて頂きました。建築オタク的要素の
 
話が弾み思わず話過ぎてしまいました(笑)
 
それよりも、今日一日、私たちと家づくりを
 
共にしたオーナー様方や、新たにスタートさ
 
れる方、そして協力業者様のご紹介など、多
 
くの縁を感じる日となりました。縁を大切に
 
するということは、人と人とのつながりを大
 
切にするということであり、さらには人その
 
ものを大切にするということでもあります。
 
人とのつながりの中で喜びを感じ、出会いを
 
常に貴重なもの、幸運なことと感謝しながら
 
この縁を大切にしていきたいと思います。今
 
日改めて重要性を感じた信用・信頼・ご縁・
 
感謝。心の底から体現できるような男目指し
 
て。よし、また明日もがまがすぞー!
 
それではまた(^^)/
 
齋藤

2018年2月 9日

S Diaries


-凍てつく寒さ-

 
平成三十年二月八日。天気は晴れ。今日も
 
職人起業塾のため福岡へやってきました。
 
朝から天気は良かったものの、博多駅の交
 
通量が多いせいか凍てつくほどの冷たい風
 
が強く吹き我々を出迎えてくれました...。
 
H30年2月9日ブログ-1.jpg

 
 
-起業塾での習慣-
 
今日の講義では、はじめにアクションプラ
 
ンの中間報告、検証をして頂きました。職
 
人起業塾では、座学自体はある程度前半~
 
中盤で終わり、その後はその学びを活かし
 
プランを立て実践に落とし込むところまで
 
行います。プランに対し塾長の高橋先生か
 
ら具体的なアドバイスを頂きブラッシュア
 
ップをしていきました!毎度検証報告があ
 
るのでいい感じのプレッシャーを感じつつ
 
なんとかこなしております(笑)指導して
 
もらえる機会もいよいよあと一回となりま
 
したが、課題の向き合い方は学んだので、
 
これからは、自分たちで全体の業務の流れ
 
に沿ってアクションプランの設定、数値化
 
から検証すること。目標達成してブラッシ
 
ュアップを繰り返し、目的へ向かいたいと
 
思います。
 
H30年2月9日ブログ-2.jpg

 
 
-"なんのために"を繰り返すこと-
 
さて、今回の講義では「目的と手段」につ
 
いて学びました。皆さんはいつの間にか目
 
的と手段が入れ替わっていることってあり
 
ませんか?私の体験談ですと、自身向上の
 
ために読書を始めたのにも関わらず、気が
 
付けば本を読み終わらせることが目的にな
 
っていたり......このように目的と手段を履
 
き違えた経験があります。目まぐるしい日
 
々を送っていると、ふと本来すべきことを
 
忘れて目の前のことに集中してしまう。そ
 
うならず芯の部分をしっかり持つためにも
 
普段から自問自答を行い"なんのために"
 
を繰り返すことが大切だと学びました。加
 
えてその目的と手段の意味を理解し、問題
 
や課題に対し"何をやるかでなくどうやる
 
か"を考え根本的解決へのアプローチが必
 
要だと学びました。

 
H30年2月9日ブログ-3.jpg

 
 
-問題解決の積み重ねスパイラル-
 
それは手段である問題解決の積み重ねスパ
 
イラルを、組織全体でコンセンサスした目
 
的・在り方に沿って方向性を定め、まっす
 
ぐ同じ道を歩む事によって、何度も同じこ
 
とを繰り返しているように見えたとしても
 
ヘーゲルの弁証法のように螺旋状に理想へ
 
と向かっていくことができると教えて頂き
 
ました。
 

 
-希望の光が少し見えた...?-
 
これができるようになるとビジネスモデル
 
は構築され、今まで習ったマーケティング
 
理論を活かし未来の売り上げを創出するこ
 
とができるという理論が分かりました。非
 
常にわかりやすいロジックで、一つずつ紐
 
解いていけばなんとかうまくいくのではな
 
いか?とは思いつつも、言うは易く行うは
 
難し。「感謝の気持ちを忘れない」など、
 
単純で簡単なように思えることも継続する
 
ことは難しいことで様々な失敗も経験済。
 
今一度スタッフ同士でアウトプットを行い
 
理解を深め、私達の事業へ落とし込み実践
 
していこうと思います。

 
 
-拳拳服膺すること-
 
マーケティング理論は何度も習ったように
 
決してセールス(売り込み)でなく、仁義
 
に背く事なく真心を込めた思いを貫く事で
 
自然と利を得る"先義後利"の考え方であ
 
ることを今一度心に刻み、日頃の業務から
 
意識的に取り組んでいけるよう邁進してい
 
こうと思います。この度も素晴らしい講義
 
に学び、心から感謝致します。
 
ありがとうございました。
 
明日からまたがまだすぞ!!
 
それではまた

 
齋藤

 

 
-建築を楽しむために...-
 
・目的意識がなければ習慣など無意味
 
・つづけることが目的なら時間の無駄
 
・やればいいということではない
 
・意識が違えば結果も変わる
 
・日常になぜを持ちあわせる
 
・根本を正すことが大切

2018年2月 6日

S Diaries


H30年2月6日ブログ-1.jpg

 
平成三十年二月六日。天気は雪後曇。昨晩か
 
ら降った雪がすこ~し積もった模様。今朝は
 
曇り空の中少しばかりか晴れ間も見えつつ、
 
積もった雪が解けはじめ、きれいな光景とな
 
っていました。滑りそうなので事故には気を
 
付けようと思います。
 
H30年2月6日ブログ-2.jpg
 
昨日は、朝から社内ミーティング。今はとに
 
かくスタッフ皆、やることが積もり積もって
 
いるようで、取り急ぎ今の進捗確認と、直近
 
のスケジュール調整をして終了。午後からY
 
様と打ち合わせを行いました。Y様とは着工
 
前の最終打ち合わせとなり、仕様の振り返り
 
を主とし着工前に隅々まで細かく共有をしま
 
した。いよいよ工事スタート。安全第一で、
 
想いのつまったお家ができるのが楽しみです
 
ね!これからも宜しくお願い致します(^^)/
 
H30年2月6日ブログ-3.jpg
 
2018年最初の正念場となった今、改めて
 
時間を生み出す大変さを感じています。車の
 
運転中に信号回避をするようなせっかちな私
 
ですが、いまはそれをしてでも時間をつくり
 
たい(笑)前回のブログでも少し話しましたが
 
直近では短眠を目指し、訓練中。まだ取り組
 
み始めたばかりですが、いきなり実感してい
 
ることが2つあって、一つ目が、寝る前にス
 
トレッチをすること。血流やリンパを流すこ
 
とで朝の目覚めがよいとのことで、確かにな
 
んだが今までと違う気がしています!2つ目
 
は睡眠記録をつけること。本来は活動と眠気
 
や睡眠時間の関係性を分析、改善するための
 
記録のようですが、そこはまだまだわかって
 
いなくて、それよりも「明日は〇時に起きる
 
ぞ」という意思を記録しているので、翌朝目
 
覚まし前には起きることができていることで
 
す。どうやら意思通りにヒトは起きれるみた
 
いですね!
 
H30年2月6日ブログ-4.jpg
 
今一番苦労していることは、寝起きからの二
 
度寝...です。冬の暖房と、布団の暖かさが一
 
番のライバルで、いまのとこ負け続けていま
 
す!二度寝防止対策としては、いまのところ
 
強い意志!もしくは何かしらの仕掛けをする
 
ことしか思いつきません。仕掛けのような面
 
倒くさいことはしたくないので、明日からは
 
一度目が覚めたら体を起こしてストレッチか
 
らはじめてみようかな~と思います!
 
ということで!
 
今日もまた一日、がまだしていきます♪
 
それではまた♪
  
齋藤
  
【今日の学び】
 
・短眠は最強のビジネススキル
  
・時は金なり
 
・為せば成る

2018年2月 4日

S Diaries


平成三十年二月四日。天気は雪。熊本ではあ

 
まり見ることのない雪がちらつく日でした。
 
どうやら明日明後日も冷え込むようで雪は降
 
り続くそうです。もうじき春もくることです
 
し真冬らしい寒さを楽しもう!?と思います。
 
H30年2月4日ブログ-1.jpg
 
ふと気が付くともう二月。時間が過ぎるのは
 
早く、私なりにとても充実した毎日を過ごせ
 
ているせいか、そんなことにも気が付かない
 
ほどの今週、一週間でした。二月といえばオ
 
クタスでは定期点検月です。今月の怒涛のス
 
ケジュールをみて、ますます時間をどうにか
 
してつくるしかない!と思い実践しているの
 
が、ショートスリーパーへの道です!いや、
 
まだ全くできていないので実践しているうち
 
には入りませんでした...。寒さをいいわけし
 
ますがなかなか起きれません。ここ数日睡眠
 
に着目しているとどうやら毎日6~7時間は
 
寝ている模様。まずは目指せ5時間にトライ
 
しようと思っています。
 
H30年2月4日ブログ-2.jpg
 
この課題に対し、取り組んでいること、まず
 
は睡眠について学ぶ!(笑)西田が超短眠の本
 
を貸してくれたのでここからスタートしまし
 
た。がしかし!連日徹夜が続きそれすら完結
 
できない始末...。この本を読めばショートス
 
リーパーになり(あまい考え)、時間ができ
 
るとわかってるのに読めていない自分。まず
 
反省。そして今週こそ今のデスクワークを整
 
理し、ショートスリーパーのHow-to本を読破
 
して、一歩目を踏み出そうと思います!!
 
(西田さん、もう少し貸して下さい(笑))
 
それとこっちの方が重要ですが、定期点検の
 
ご予約がお済でない方はご連絡頂けますよう
 
お願い致します(^^♪
 
では、早速任務を遂行すべくデスクワークに
 
励みます!それではまた♪
 
齋藤
 
【今日の学び】
 
・短眠は最強のビジネススキル
 
・自分にコミットする
 
・できない理由よりできる理由を考える

2018年2月 3日

S Diaries


先日の起業塾へ向かう道中、熊本で雨が降っ

 
ていたので傘を持っていったのですが、ガタ
 
がきていたようで人混みの中大きい傘が閉ま
 
らなくなるアクシデントに見舞われました。
 
西田と二人がかりで無理矢理たたむことは出
 
来ましたが、なんとも不格好で恥ずかしい思
 
いをしました(笑)
 
H30年2月3日ブログ-1.jpg
 
早く捨てたい一心だったのですが、ふと先日
 
読んだ、あるメルマガを思い出しました。そ
 
のメルマガとは、高橋塾長にオススメ頂いた
 
もので鮒谷周史氏による"平成進化論"とい
 
うビジネスメルマガの中の「鮒谷氏所有の唯
 
一の(!)贅沢品、バーバリーの傘を盗まれ
 
た話」でした。内容は鮒谷氏所有の傘が盗ま
 
れて「後悔→憤怒」という感情から「『公』
 
を意識する精神」という心を併せ持つといっ
 
たもので、「倫理道徳的な側面」から公を意
 
識することもあるでしょうが、それ以上に、

 

「そうしたほうが長期的に見たときに自分の
 
ためになるから」という(鮒谷氏にとって)
 
自己中心的な理由から、
 
「『公』を意識する精神」
 
を持とうと心がけているといった話でした。
 
短絡的にみれば、傘を盗んだり、ゴミをポイ
 
捨てしたり、歩きたばこをしたりと自分にと
 
って都合が良く楽をしようという気持ちが私
 
自身にもあると思います。しかしそんなこと
 
をしないために持っていらっしゃる鮒谷氏の
 
いう自己中心的な理由とは、
 
「自身の人生や生活の質を上げたい」
 
という想いであり、一回一回の小さな行動が
 
(小さなマナー違反などが)いずれかはより
 
強固なねじ曲がった人の心を形成し、自分自
 
身の首を絞めることになるとわかっているか
 
らこそ、「『公』に意識を向ける精神」が大
 
切なんだということを改めて認識しました。
 
マナー違反などを普段とは違った視点から見

 

ているようで、というか本来こうあるべき考
 
えではないかと思い、印象的で素晴らしい考
 
えだっただけに記憶しておりました。
 
こんなことを思いだしながら、私もこの壊れ
 
た傘は持って帰ろう(不格好で恥ずかしかっ
 
たです)と思い「『公』を意識する精神」の
 
習慣化のスタートをきったという話でした。
 
この「『公』に意識を向ける精神」を日頃か
 
ら意識しながら、自分の人生をより豊かにし
 
お天道様に見られても恥ずかしくない、そん
 
な人生を歩みたいなと改めて思いました。
 
よし!今日も1日がまだしていきます!
 
それではまた(^^♪
 
齋藤
 
【今日の学び】
 
・高い倫理観を持つこと
 
・目的とビジョンを持つこと
 
・プラスの考え方を積み重ねること
 
・千丈の堤も蟻の一穴から

2018年2月 2日


こんにちは。西田です!

今年ももう1ヶ月が経ちました。とても時間の流れが早く感じてます。充実した日々が過ごせている証拠でしょうか。有難いことです。

また今週も合志市御代志で完成見学会を開催致します!まだ少し空きがありますので、ご興味がある方はコチラからお問合せください(^^♪

 1802021.jpg

 

先週の見学会の様子です!

1802023.jpg

  

 

 

 

 

アクションプラン

1802022.jpg

先日職人起業塾を受講してきました。来月で終わると思う少し寂しくなります。職人起業塾では今全員でアクションプランを構築→実行→検証→再構築を繰り返しています。私のアクションプランは[4月に行うオーナー様向けのイベントに全員ご参加頂くこと]です。職人起業塾ではマーケティングを学んでおります。私のアクションプランは一見マーケティングには関係無いように感じるかもしれませんが、実はとても関係が深いです。マーケティングの入口は在り方です。在り方がしっかりし、信頼を得られなければマーケティングは不可能だと学びました。お客様の信頼を得るためにもちろん誠実に仕事をしているつもりです。しかし、職人起業塾での学びを経て[今までお引渡ししたお客様との関係が希薄になっているのでは]と感じました。沢山の打合せを重ねるので、打合せ期間中はよくお話をさせて頂き、コミュニケーションが取れているかと思います。しかしお引渡しが終わると用事がない限りお会いする機会がなくなってしまいます。これでは本当に良いお付き合いと言えるのかと考えるようになりました。そこでアクションプランを上記のように設定しました。

  

  

 

イベント

 

オーナー様向けのイベントは現在検討段階ではありますが、アンケートを実施して票を一番獲得した「BBQ」を予定しております。全員の方に参加頂く事を目標にしている以上、皆さんが楽しんで頂けるイベントがスタッフ全員で考えております。オーナー様への想いを具現化し、オーナー様に少しでも共感、共有して頂き私たちの在り方や考え方が少しでもお伝えできればという思いで取り組んでいます。

   

 

  

支持してもらえる企業へ

 

恥ずかしい話、今年初めてオーナー様に年始のご挨拶に伺いました。[遠方の方はまだ行けておりませんので、改めて伺います]オーナー様より沢山のお言葉やお礼のお電話を頂戴しました。中にはお会いしたのに改めてお礼のメールをお送り頂いた方もいらっしゃいました。改めて私たちはオーナー様に支えられているのだと強く感じました。私たちの仕事は簡単に言えば、「住宅を提供すること」です。しかし皆さん一生に一度の可能性がある家づくりなので何でもいいやと思われる方は少ないように感じます。ご家族それぞれで重要なポイントは違います。そのご要望を私たちは細かくヒアリングをして何回も打合せを重ねて家づくりを行います。お客様が納得されるまでしてしっかり打合せをして、結果を出さなければ、お客様が満足する家づくりは出来ません。満足してもらえなかったら私たちは支持されることはありません。

  

 

 

満足できる家づくり

 

家は高額なので簡単に買い替えることは出来ないから、皆さんとても慎重になられるのだと思います。私自身家を建ててそう感じています。でも私たちの中にお客様の家づくりの正解はありません。家づくりの正解はお客様の中にあります。でも大半の方は初めての家づくりで、なにをどうすれば良いのかわからない方が多いと思いますので、私たち住宅会社にはお客様の言葉にしっかりと耳を傾け、不安を受け止め、安心して家づくりに取り組んで頂く努力は必要不可欠です。満足できる家は商品の良し悪しだけはありません。満足できる家づくりは最低限「性能」「コスト」「使いやすさ」をクリアした住宅会社で信用できる人と家づくりを進めていくことが条件だと思っています。

  

  

 

まとめ

 

・家づくりに終わりはない

 

・当たり前のことを当たり前にする

 

・楽しむ時間を共有する

 

・支持を得られる会社は信用が不可欠

 

・家づくりの正解はオーナー様が持っている

2018年2月 2日

S Diaries


今週は週の初めからプランヒアリングに、上

 
棟式、仕様打ち合わせに加えて怒涛の業務ラ
 
ッシュとなり、忙しくも充実した日が続いて
 
おります。ありがたいことにブログのネタも
 
たくさん増えました(笑)しかしながら第一領
 
域に追われ第二領域にしっかり向き合えてい
 
ないように感じていて、そのジレンマから焦
 
りを感じつつあるものの、ひとつの修行だと
 
思いまたひとつ頑張っていこうと思います!
 
H30年2月2日ブログ-1.jpg
 
昨日は職人起業塾第13講ということで福岡
 
へやって来ました。熊本ではちらほら雨が降
 
っていましたが、福岡にきてお昼前には晴れ
 
間も見え、比較的暖かく過ごしやすい日とな
 
りました(^^)

 
H30年2月2日ブログ-2.jpg

 
さて、今日の講義は横山先生による「接遇」
 
について。「接遇」の講義も今日で最後の講
 
義となりますのでもう一度復習のため、振り
 
返りからスタート。(前回の講義のブログは
 
コチラ
 
「接遇の基本五原則」として
 
①挨拶 ②表情 ③身嗜み
 
④言葉遣い ⑤態度
 
前回はこの五原則をさらに細かく内容を追求
 
し学びました。接遇は五感から感じとってい
 
るもので、その中でも視覚的要素は大きく、
 
この五原則でもわかるように②③⑤と三つも
 
占めるほど。前回の講義で大阪の元市長の橋
 
下 徹氏が弁護士時代から市長時代になった
 
際の髪型がすっきりした印象に変わったとい
 
う事例から"(見た目が)スタンダードは間
 
口を広げる"と聞いたことがとても印象的で
 
納得できました。なんなら次の日の講義には
 
起業塾仲間は髪をすっきり切り、早速実践し
 
ていたことを覚えています。
 
H30年2月2日ブログ-3.jpg
 
そんな身近な存在でとても重要な「接遇」を
 
学べる今日の講義は、"苦情対応"について
 
でした。苦情は2つに分類され、
 
①クレーム:要求、請求
 
②コンプレイン:不平不満   とのこと。
 
クレームが発生した際は、相手の立場になり
 
感情を聞いていく(クレームなのか、コンプ
 
レインなのか)。そして結論を急がず対応す
 
ることで自然と心は開き、解決へと導くこと
 
ができるということを学びました。苦情は、
 
誰かが何かを伝えたいだけで、まずは従来感
 
じていた苦情に対するいやなイメージを消し
 
去り、人として当たり前に接し、当たり前に
 
対応をすることで、その誰かと心を通じ合う
 
ことができ、プラスを生み出すことができる
 
のだと感じました。
 
H30年2月2日ブログ-4.jpg
 
今回の講義で私は、クレームに対する考え方
 
をより一層変えることが出来ました。まさに
 
ピンチ=チャンスであり、そのチャンスを掴
 
めるかどうかは『在り方』次第で、改めてそ
 
の重要性を感じつつ、生きていく上でこの上
 
なく大切なコミュニケーション能力を磨いて
 
いこうと思いました。
 
H30年2月2日ブログ-5.jpg
 
それと接遇の内容とは別ですが、前回の講義
 
で最後に各々で決意表明をしたのですが、以
 
前のブログでその決意表明をアウトプットし
 
していたおかげか、しっかり頭に入っており
 
今回の講義でロールプレイの撮影映像で自分
 
自身を見てみましたが以前より良くなってい
 
てブログのおかげでより自分自身に刷り込む
 
ことができているんだと感じました。やはり
 
振り返りやアウトプットの重要性、改めてブ
 
ログのすごさを感じました!この調子でさら
 
に頑張っていこうと思います(^^♪
 
それではまた
 
齋藤
 
【今日の学び】
 
・視覚的要素の重要性
 
・実行に値すれば、実行に限る、即行動
 
・苦情は"急いては事を仕損じる"
 
・ピンチはチャンスである
 
・『在り方』をしっかりもつ

2014年までのブログはこちら


お電話でのお問い合わせ 096-384-9628
勉強会のご予約
資料請求
勉強会のご予約 資料請求
Owner's Voice OCTASE CREED 住まいたち Movie
お電話でのお問い合わせ 096-384-9628
住宅の提案人集団 OCTASE
オクタスに「営業職」はありません。
私達は家づくりのスタート地点から、真剣にお客様に寄り添う「提案人」集団。
すべての過程において最適なご提案をさせていただきます。
家づくりで後悔をする人がいなくなる為に…。